前へ
次へ

司法試験を受験には条件があります。

弁護士は国家資格であり、司法試験に合格しなければなりません。司法試験を受験資格は以前は制限はありませんでしたが、現在の司法試験制度では受験資格が必要になります。司法試験を受験するためには、大学卒業後に法科大学院を受験して過程を終了し卒業する方法と、法科大学院を卒業した人と同程度の知識を持つことを判定する司法試験予備試験に合格する方法があります。いずれの方法でも原則として5年以内に司法試験に合格しなければなりません。以前は3回に限定されていましたが、2014年5月に改正司法試験法により回数制限がなくなりました。司法試験の受験資格がなくなった場合、再び法科大学院を終了するか、予備試験合格すると受験できるようになります。

Page Top