前へ
次へ

司法試験を受験には条件があります。

弁護士は国家資格であり、司法試験に合格しなければなりません。司法試験を受験資格は以前は制限はありませ

more

弁護士バッチの意味と扱い

弁護士のバッチは正式には「弁護士記章」といい、日弁連に登録をした際に貸与されるものです。その職務を行

more

税理士と、税理士法についての考察

税金の種類が多種多様に及ぶ現代ですが、税金というものの本質はすべての人たちが、国を運営する為にお金を

more

自己破産を実行するデメリット

自己破産の最も大きいデメリットというのは、財産をなくすことです。キャッシュのみならず、家屋や自動車なども現金とかえて返済に充てる必要があります。しかしながら、最下限の現金は手元に残せます。 そして、官報に氏名が載るというデメリットもあります。 破産した人間は、官報と言われている公的な広報誌において名前が記載されることになります。しかしながら、ごく普通の人が官報をチェックするチャンスはほとんど見受けられないので、あまりデメリットにはならないと言えます。 また、職業制限を受けるという点も知っておきたいポイントです。 破産手続開始決定後において、免責許可を受けるまでは、一部分の仕事等に就けないという決まりがあります。制限される仕事や資格としましては、弁護士や公認会計士、税理士など また、国家公安委員会委員、都道府県公安委員会委員など、 さらに警備員、貸金業者などです。 破産手続開始決定より免責許可決定に至るまで3〜6か月くらいですから、このような仕事に従事している人は、一定期間だけ勤められなくなります。免責許可を受け復権を行うと、もう1回勤務することができるようになります。 加えて、7年は再度の免責を受けることができない点も注意点です。 過去において7年内に免責を受ければ、免責不許可事由に当てはまるため、基本的に免責になりません。一回破産して免責ともなれば、7年は免責許可を受けることができないということを意味します。借り入れ金が返せなくても破産すれば心配はないと言えるわけではありません。悪質である場合、裁判官の裁量であっても免責にはならないのが通例です。ですから細心の注意を払って行なった方が得策です。さらに、 ブラックリストに載るというデメリットもあります。 破産した履歴は、信用情報機関へエントリーされることになります。信用情報機関というものは、貸金業者や金融機関、カード会社などがユーザーの信用情報をエントリーしてシェアしているところです。信用情報機関へ自己破産などの様な事故情報がエントリーされると、ブラックリストに載ることになります。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren5set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top