前へ
次へ

税理士と、税理士法についての考察

税金の種類が多種多様に及ぶ現代ですが、税金というものの本質はすべての人たちが、国を運営する為にお金を出していると言っても過言ではありません。となると、税理士というのは国にとっての会計士と考えられます。そうして整理できた税金が国に収められるわけです。さて、私達個人の主に払う税金の種類は何かといいますと、所得税というものです。所得税には10種類ありまして、雑所得、一時所得、譲渡所得、配当所得、不動産所得、事業所得、山林所得、給与所得、利子所得、退職所得。こんなにもあります。このようにして書かれていますが、これは税金のほんの一部に過ぎないということですので、いかに税金が複雑多様で有るということがわかります。税理士法はそんな大変な税理士という仕事を支える法律だという訳です。

Page Top